> 脇汗と脇の臭いの対策

脇汗と脇の臭いの原因と対策方法は?ワキガも含めた効果的な対策方法

なぜ脇汗が多く出たり脇が臭ったりするの?手軽にできる対処方法教えます

腕を上げるのが怖くて電車のつり革が掴めない、エレベーターで自分のワキが臭ってないか気が気じゃない、自分の服を嗅ぐと臭い・・・そんな経験はありませんか?

実は、ワキの臭いの原因は老廃物や皮脂を含む汗が雑菌に分解される事なので、汗や細菌をコントロールできさえすれば臭いは抑えられるんです。

体臭を減らす生活習慣や、効果的な臭い対策グッズの使い方など、自己流ケアでは消えなかったワキの臭いへの対処方法を紹介したいと思います。

ワキの臭いが発生するメカニズム

ワキの臭いに対策する前に、まずは臭いが発生するメカニズムを説明したいと思います。汗や雑菌が原因なのはイメージしやすいですが、実際にワキでは何が起きているのでしょうか。

アポクリン腺から出る汗と雑菌が悪臭を作る

ワキから臭うイヤな臭いの原因は、アポクリン腺という場所から出る汗と雑菌です。

アポクリン腺とは、たんぱく質や老廃物、脂質をふくむネバっとした汗が出る汗腺の事で、一般的な水っぽい汗を出すエクリン腺とは性質が異なります。

このアポクリン腺の汗に含まれる皮脂やたんぱく質を、皮膚病面に住んでいる常在菌が分解する事で、脂肪酸など臭いの原因物質が生み出されれるんですね。

エクリン腺から出る水っぽい汗も臭いを悪化させる

さらに、エクリン腺から出る水分豊富な汗も臭いをきつくする原因です。

汗の湿気がワキの雑菌を増やしたり、デオドラントを流してしまったり、水分が蒸発する時にワキの臭いを周りに広げてしまうんですね。

ただ、汗も皮膚にいる常在菌もみんなが持っているものです。どうしてワキが臭う人とそうでない人がいるのでしょうか。その違いを次で説明したいと思います。

ワキが臭くなってしまう原因とは?

  • 洗い方やデオドラント選びなどお手入れ方法が間違ってる
  • 肉中心の食生活や肝機能の低下で臭いの原因物質が増えている
  • アポクリン腺が生まれつき多いワキガ体質や多汗症の人も

もし、ワキが臭いと言われたら「自分って不潔なのかな?」と思ってしまいますよね。お風呂に入らないのは論外ですが、きちんと洗ってデオドラントを使っていても臭ってしまう人がいるんです。

他にも、体の中から臭う人や体質的に体臭がきつい人もいるので、原因を知った上で対策しましょう。

洗い方やデオドラント選びの間違いがワキの臭いの原因に

まず、きちんと洗っているのにワキが臭う人は、ボディソープの洗浄力が強すぎるかも知れません。

洗いすぎると皮膚が乾燥し、危険を感じた肌が余分な皮脂が分泌してしまいます。それで、かえってワキの臭いがきつくなる事があるんですね。同じ理由で、熱いお湯で洗うのも皮脂が落ちすぎるのでNGです。

そして、デオドラントも一般的なスプレータイプだと汗に流されるので効果が続きません。また、衣類についたワキの臭いが取れていない場合もあるので、お洗濯も工夫したほうが良いでしょう。

あとで正しいワキのお手入れ方法を詳しく紹介しますが、間違った洗い方、間違ったデオドラント選びはワキを臭くする原因になるんです。

老廃物が毛穴から出る事でワキが臭くなる事も

最初にワキの臭いの原因はアポクリン腺からの汗や雑菌とお話ししましたが、その臭いに拍車をかけるのが、汗に混じった老廃物です。

特に臭いのが、おしっこのツーンとした臭いでおなじみのアンモニアですね。人間は肉や魚などたんぱく質を分解する時にアンモニアを生み出し、それを肝臓で分解して無臭の物質に変えて排出します。

ここで、お肉を食べ過ぎていたり肝臓が弱っていると、アンモニアを分解しきれなくなり、それが毛穴から出てきて臭うんです。これが汗や雑菌と混じると、きついワキの臭いになるんですね。

また、脂っこい食事も皮脂の分泌を増やしてワキの臭いをきつくするので要注意です。ワキの臭いを抑えるためには、肝臓の健康や食生活にも気を使いましょう。

生まれつきのワキガ体質や多汗症という場合も

そして、一番大変なのが生まれつきワキが臭くなりやすいワキガ体質や、大量の汗をかく多汗症の人です。

ワキガ体質とは、アポクリン腺が生まれつき多く、ワキに強い体臭を持つ事ですね。あまりにアポクリン腺が多い体質の人は、汗腺を手術で取り除く選択肢もあります。

ワキガ体質が重症の場合は保険適用になる場合もあるので、重度のワキガ体質の人は皮膚科や美容皮膚科に相談してみるのが解決への近道です。

また、ストレスや気温の変化などで大量のワキ汗をかく腋窩多汗症という症状もあります。

こちらは、汗や脈など生命活動を調整する自律神経系の問題である事が多いので、汗染みがひどいようならこちらも皮膚科や形成外科など、多汗症の治療を行っている病院を受診すると良いですね。

今すぐワキの臭い対策をスタートさせよう

ワキが臭うメカニズムを知れば、どうやって対策したら良いかが見えてきますよね。

正しい洗い方やデオドラント選びの他にもワキの臭いを抑える方法はいろいろあるので、次で詳しく紹介したいと思います。

ワキの臭いを抑える5つの対策方法

  • ワキは消臭石鹸を泡立てて38度のお湯でやさしく洗う
  • クリームやロールオンタイプのデオドラントを選ぼう
  • 使い捨て汗脇パッドを使えばサラッと臭わないワキに
  • 衣類についた汗の臭いはお湯と介護用洗剤で落とそう
  • サプリメントや正しい食生活で体の中から臭いを抑える

お風呂とデオドラント、汗脇パッド、お洗濯、食生活の5つの対策が、ワキの臭いを抑えるんですね。どれも簡単にできるので、具体的な方法を説明したいと思います。

ワキの臭いを抑える石鹸選びと入浴方法

洗浄力の強いボディソープと熱いお湯で洗えば臭いが取れそうじゃない?と思われがちですが、実は熱いお湯も洗浄力が強すぎるボディソープも、臭いケアには逆効果だったりします。

熱いお湯や洗浄力が強いボディソープで洗うと、皮脂が落とされすぎてワキの皮膚が乾燥します。そうなると、危機感を感じた皮膚は汗や油を余計に分泌するようになって、余計にワキが臭くなるんですね。

なので、ワキの皮膚を乾燥させないよう38度くらいのぬるま湯で、洗浄成分のやさしい石鹸を指につけて、くるくるマッサージするように洗ってあげましょう。

液体ボディソープは界面活性剤が皮脂を落としすぎるので、臭い対策するなら石鹸で洗うのがおすすめです。殺菌や消臭に良い成分を含む消臭石鹸なら、もっと効果抜群ですよ。

デオドラントはとにかく落ちにくいものを選ぶ

お風呂と同じくらい大事なのが、デオドラントの選び方です。デオドラントといえば、8×4やBANなどスプレータイプがおなじみですよね。

デオドラントスプレーも消臭や殺菌、汗を抑える作用がありますが、効果の持続時間が2時間程度と短いので、クリームタイプやロールオンタイプの落ちにくいデオドラントを選ぶと良いんです。

塗るタイプなら1日1回使えば効果が持続しますし、油分配合のものだとワキを保湿してくれるので、余計な汗や皮脂の分泌を抑えてワキの臭いをカットしてくれます。

ただ、スプレータイプは漂ってきたワキの臭いを消すのに有効なので、電車に乗ったり人に会う前に服の上からシュッと吹き付けるとかなり有効です。スプレーと塗るタイプ、両方を用意すると安心ですね。

ちなみに、重曹やミョウバンを薄めたものをワキに吹き付けるという防臭方法もありますが、こちらも汗で落ちやすいのでおすすめはできません。

使い捨て汗脇パッドでベタつきも臭いもカット

次に、ワキ汗をかきやすい人に必須なのが汗脇パッドです。中でも、服に貼り付ける使い捨てタイプが効果抜群なんですね。

使い捨て汗脇パッドの中には水分をゲル状に固めてしまう成分が入っているので、大量のワキ汗をかいても瞬時に吸収してくれます。

ワキの湿気が抑えられると、雑菌が増えにくくなったり、蒸発する水分に乗って広がるワキの臭いも抑えられるので 、臭い対策にかなり有効なアイテムと言えますね。

湿ってきたかな?と思ったら、使い捨てて新しいものに変えれば良い手軽さもおすすめの理由です。

お洗濯でしっかり臭いを落とすのも大切

以外に盲点なのが、衣類にワキの臭いがついて取れなくなっている可能性です。衣類の臭いをスッキリさせるには、40度くらいの暖かいお湯と介護用洗剤で洗うのが有効なんですね。

介護用洗剤は便や尿の臭いを落とすように作られているので、ワキの臭い物質もよく落としてくれます。また、暖かいお湯につけることで、皮脂よごれが溶け出して落ちやすくなるんです。

ただ、コートやジャケットなど、水を使って洗えない衣類もありますよね。そんな時は、タオルなどにお湯と洗剤をつけて、ワキの部分を軽く叩いて見えない臭いと汚れを落としましょう。

実は、ワキの臭いはドライクリーニングの有機溶剤系の洗剤には溶けにくい性質がありますので、水と洗剤を使って臭いを落とすと良いんです。

注意点としては、濡らすと傷んでしまう生地もありますので、着た時に見えない場所で1度実験してから臭い落としにチャレンジして下さいね。

和食中心の食生活でワキの臭いもスッキリ

体の外からのケアだけでなく、食生活もワキの臭いを抑えるのに重要です。特に、油とたんぱく質の多い揚げ物やお肉、アルコールなどがワキの臭いを招くんですね。

まず、脂質が多すぎる食生活だと、臭いの原因になる皮脂の分泌が増えます。他にも、アルコールやたんぱく質を摂りすぎるとアンモニアが増えて、つーんと鼻につく体臭を生み出すんです。

逆に、脂質や動物性たんぱく質控えめな和食を中心に、野菜を積極的に食べるとワキの臭いが抑えられるので、食生活を見直してみましょう。

体臭対策サプリなら全身の臭いに対策OK

体の中からするワキの臭い対策には、体臭対策サプリメントも有効です。いやな臭いをカテキンやタンニン、フィトンチッドなどが抑えてくれるので、飲んでおくとワキや全身の体臭対策に有効なんですね。

ワキが臭いやすい体質の人は、陰部や頭皮なども臭いやすいので、サプリメントを飲んでおけば全身の体臭に対策できておすすめです。

このように、グッズさえ揃えてしまえば、ワキの臭い対策は毎日の生活に取り入れやすいものばかりなんですね。まずは道具を揃えて、さっそく臭い対策をスタートさせましょう。

おすすめのワキの臭い対策グッズ

ここまでワキの臭い対策について紹介しましたが、悩ましいのが対策グッズの選び方ですよね。

デオドラントや石鹸など、ちょっと調べただけでも種類がたくさん売られていて、とても選べないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、成分や使い勝手などを編集部でチェックし、本当に効果的なワキの臭い対策グッズをチョイスしました。臭い対策グッズ選びに失敗したくない人は、ここから選ぶと間違いありませんよ。

正しい対策でワキの臭いは解消できる!

ワキの臭いを、体質の問題だと思って諦めていた人もいますよね。でも、お風呂やデオドラント、お洗濯、サプリメントなどで対策すれば、臭いはかなり抑える事ができるんです。

対策方法は色々ありますが、どれも生活の一部に組み込める簡単な対策ばかりなので、ぜひ体臭対策グッズを揃えて使ってみましょう。

繰り返しになりますが、皮脂や雑菌、老廃物などを正しく取り除けば、ワキの臭いは解決できるんですね。

ワキガには3つの原因があるのイメージ

ワキガには3つの原因がある

わきがの原因って、いったい何なのでしょう?今は治療法や改善方法が発達して、主に3つの原因があるというところまで特定できました。では、そのわきがの3つの原因とはどんな点なのでしょうか?
中高生がすぐに実践できるワキ汗対策のイメージ

中高生がすぐに実践できるワキ汗対策

夏の学校生活の悩みに多いのが、汗に関したもの。とくにワキ汗は、恋愛や友情をも一瞬でぶっ壊してしまう破壊力があります。手遅れになる前に、ちゃんと汗対策しませんか?汗っかきな学生でも今すぐ実践できちゃう簡単なものばかり紹介しています。
働く女性は必見!気になるワキ汗・顔汗の対策方法のイメージ

働く女性は必見!気になるワキ汗・顔汗の対策方法

デキル女は、仕事だけじゃなくマナーや気配りにも余念がないもの。夏の暑い季節のくせ者「汗」も、デオドラント剤を有効活用して乗り切りましょう。制汗剤などデオドラント用品の種類やそれぞれの特徴、さらには失敗しない汗対策の方法を伝授します。
ワキガは手術で治るの?費用と手術の方法まとめのイメージ

ワキガは手術で治るの?費用と手術の方法まとめ

ワキガ対策の一つに、ワキガの手術があります。ただ、手術となるとどんな方法なのか、入院の必要性や保険適用の可否、掛かる費用など、わからない点がいくつも出てくると思います。そこで、ワキガ手術に関する情報をまとめてみました。
いまおすすめする効果的なワキガ対策のイメージ

いまおすすめする効果的なワキガ対策

ワキガで悩んでいる方は、これまで様々な方法でケアをしてきたと思いますが、いま最も効果的なワキガ対策はご存知でしたか?ここでは、いくつかあるワキガ対策法の中からおすすめの方法をピックアップして公開しています。
ページのトップへ