> 足の臭いの対策

足の臭いを消すにはどうしたらいい?効果的な足の臭いの対策方法

足が臭くなる原因はなに?毎日おすすめする足のにおいの予防と消臭方法まとめ

居酒屋の座敷席で「どうしよう、靴を脱いだら臭いかも・・・!」と焦った事はありませんか?実は、足の臭いを気にしている人はけっこう多いんです。

足裏の汗に含まれるアミノ酸や皮脂を栄養に、雑菌が原因物質を作り出す事で足の臭いは起こります。このサイクルを止めるだけで、足の臭いは防げるんですね。

そこで、臭いのサイクルを止める足臭解消法と対策グッズを紹介したいと思います。実は、ちょっとの工夫や対策だけで、足臭は簡単に解消できちゃうんですよ。

足が臭くなる3つの原因とは?

  • 足裏に汗をかきやすい体質が臭いの原因に
  • 足の常在菌が繁殖すると臭い物質が増加
  • 靴や靴下など衣類が臭くなっている場合も

まず、対策するためには足が臭う原因を知っておきたいですよね。簡単にまとめると、汗と菌、衣類の3つが臭いの原因なんです。どうして足が臭うのか、詳しく説明したいと思います。

足裏の汗を材料に菌が臭い物質を作り出す

足が臭いのは不潔なせいと思われがちですが、実は汗をかきやすい体質が原因な場合もあります。

汗に含まれるアミノ酸や皮脂は菌のエサになり、臭いの原因物質を作り出す元になります。つまり、多すぎる汗をなんとかできれば足臭が抑えられるんですね。

半日過ごして靴下がしっとり汗で湿る人は、足裏の汗が多い体質かも知れません。臭いの原因物質が生まれる前に、靴下をこまめに替えると足の臭いが軽くなりますよ。

足の常在菌が増殖するのも臭いの原因

人間の肌には菌が住み着いていて、それを皮膚常在菌と呼びます。先ほども説明した通り、この菌が臭いの原因物質を作ってしまうんですね。

常在菌の中でも代表的な悪玉菌、黄色ブドウ球菌を抑えるには、足を正しく洗ったり殺菌作用のあるデオドラントを使う事が有効です。

ただ、しっかり菌に対策しても足が臭い場合、白癬菌というカビに感染している可能性もあります。白癬菌とは水虫菌の事なので、あまりに足の臭いが治まらなければ皮膚科で検査してもらいましょう。

靴や衣類が臭い場合はお手入れしよう

ほかにも、靴が臭い場合や、靴下が生乾きなせいで雑巾臭がしてしまう事もあります。まず、お洗濯する時は靴下をしっかり乾かしましょう。

靴も連日で同じものを履かずに2足以上ローテーションすれば、靴底までカラっと乾いて臭いの原因菌が活動しにくくなります。コインランドリーやクリーニングで靴を洗うのも有効ですよ。

ほかにも、靴の中で湿気や菌を抑えてくれる粉末状のデオドラントパウダーも強力に消臭してくれるのでおすすめです。

なかなか足の臭いがとれない時は専用グッズがおすすめ

このように、足臭対策は靴下をこまめに替えたり、衣類や靴をしっかり乾かす事が大事です。ただ、それだけでは不十分な事もあります。

汗が多い体質だと臭いの原因物質が人より多いですし、汗の湿気で菌が増えやすくなり、足がすぐに臭くなってしまうんですね。

そこで、次は汗に負けないデオドラントや、臭いの原因物質をしっかり落とす洗剤など、頼れる足臭対策グッズについて紹介したいと思います。

足の臭い対策グッズの選び方と使い方

  • デオドラントは足用と靴用の両方を揃えよう
  • 木綿の防臭靴下を選び介護用洗剤で洗えば完璧
  • 足裏の角質ケアで臭いの元をしっかりと落そう

足臭グッズといえばデオドラントですが、選び方や使い方を間違うと効果が無くなってしまうんです。

他にも、靴下や洗濯洗剤を上手に選んだり、足裏のお手入れグッズもあると足臭ケアに効果抜群なので、こちらも詳しく紹介したいと思います。

足のデオドラントは何を選んだら良いの?

デオドラントといえば、一般的なスプレータイプを想像しますよね。ただ、スプレータイプは汗に流されやすく効果がすぐ切れてしまうためオススメできません。

足の雑菌や汗を抑えて臭いを防ぐには、ロールオンやクリームタイプのデオドラントを塗るのが1番です。塗るタイプのデオドラントは汗に強く、効果が持続しやすいんですね。

プラスで、靴に使う粉末デオドラントも使いましょう。湿気や臭いを吸収するタルクや、殺菌作用のあるミョウバンなどをブレンドした粉をパッとふりかけるだけで、靴の中をサラっと清潔に保てます。

足には塗るデオドラント、靴には粉のデオドラント、ダブルの対策で強力に足臭を抑えましょう。

木綿の防臭加工がしてある靴下に替えてみよう

足を臭くしないためには靴下選びも大切です。通気性が悪く湿気がこもる靴下だと、雑菌が繁殖して足が臭くなってしまうんですね。

そこで、履いている靴下を木綿のものに変えてみましょう。コットンが汗を吸い込み足裏の湿気を抑えるので、臭いが抑えられますよ。冬で寒い時期ではウールの靴下もOKです。

ナイロンやアクリルなど、化学繊維の靴下は汗を吸わないため足が臭くなりがちです。足の臭いが気になるなら、防臭加工がしてあっても化学繊維の靴下は避けたほうが良いでしょう。

選ぶなら木綿の靴下を、防臭加工がしてあるものだとさらに効果的という事ですね。

ちなみに、規則でストッキングを履かなくてはならない場合は、湿気を吸収する中敷などをパンプスに入れる対策も有効です。

介護用洗剤で臭いの原因をしっかり落とそう

意外にも、靴下の臭い対策に介護用の洗濯洗剤が役立ったりもします。

足の臭いに介護用洗剤?と思われるかもしれませんが、便や尿で汚れたものも洗える介護用洗濯洗剤は、汗や雑菌、皮脂だらけの靴下を洗うのに最高なんです。

特に、靴下の布地がパリパリになる人は皮脂の分泌が多いので、汚れ物をお湯と介護用洗剤で浸け置き洗いするのがおすすめです。しっかり乾かせば、臭いも落ちてふわっふわの靴下に仕上がりますよ。

足裏の角質を落とすのも臭いケアに有効

足臭の原因になる菌は、古い角質にもたくさん潜んでいます。足の裏やかかとが分厚くガサガサの人は、そこが臭いの巣になっている可能性があるんですね。

この時に使いたいのが、足の裏用石鹸と保湿クリームです。足の裏用石鹸には、古い角質を 削って整えるスクラブや殺菌成分が入っています。まず、これで足をつるつるに磨き上げましょう。

足を磨き込んだあとは、保湿クリームの油分でお肌を保護するのも大事です。お肌はいつも皮脂に守られていますが、洗いすぎなどで油が減ると汗や皮脂を分泌してそれを補おうとします。

そこで、保湿クリームで足の裏を潤いで満たしてあげると余計な汗や皮脂が分泌されなくなり、足が臭くなくなるんですね。足専用石鹸と保湿クリームで、つるつるで臭くない足裏に仕上げましょう。

おすすめの足の臭い対策グッズはどれ?

足臭対策グッズがいろいろあるのはわかったけど、足のデオドラントひとつでも種類がありすぎて迷いますよね。そこで、成分や使い心地から編集部がおすすめの足臭対策グッズを厳選して紹介したいと思います。

どれもネットから簡単に買えるアイテムばかりなので、足に臭い対策で失敗したくない人はここから選ぶと間違いありませんよ。

正しいケアをすれば足の臭いは短期間で解消できる

ここまで足の臭いを抑える方法やグッズを紹介しましたが、正しい方法で足を洗ってデオドラントを使えば、足の臭いは短期間で解消できる悩みという事がわかりましたね。

足臭対策すれば汗や皮脂も減り、足裏のベタベタ感からも解放されて一石二鳥です。

足の臭いから解放されるために、まずは靴下とデオドラント選び、足の角質ケアを始めてみましょう。それさえ出来れば、結果はすぐに出るはずです。

ページのトップへ