> > 食べ物と体臭の関係について

体臭の原因になる食品と体臭を抑える食品

体臭対策といえば、お風呂やデオドラントという「体の外から対策する」イメージではありませんか?

しかし体臭は体の中からやってくるもので、今まで食べたものから作られるんです。

「餃子を食べたら、全身がニンニク臭い!」なんて経験、ありますよね?

ニオイがきつい食べ物を食べるとそのまま体臭になってしまい、どんな体臭対策も台無しになってしまいます。

体臭の原因になる食べ物を控えることをスタートラインに、次は体臭を抑えてくれる食べ物を積極的に食べましょう。

ニオイは体の疲れや不調の表れだったりするので、ニオイを抑えてくれる食べ物は健康を取り戻す食べ物でもあるんです。

体臭の原因になる食べ物

まずは体臭を改善するのにも、原因になりそうなものを食べたり飲んだり、吸ったりしていては始まりません。

  • ニオイのきつい食べ物
  • 脂っこい肉料理
  • アルコール
  • タバコのニコチン

日常の中に体臭をきつくしてしまうものが潜んでいるので、注意して付き合っていく必要があるんです。

ニオイのきつい食べ物

ニオイのきつい食べ物を食べると、消化されて体に吸収されて、口だけでなく全身からニオイがするようになってしまいます。

ニンニクやキムチ、ネギやニラなどのほか、自分の鼻で「うーん、臭うなぁ」と感じるものはとにかく食べ過ぎないようにしましょう。

脂っこい肉料理

まず簡単に、ニオイがきついわけでもない脂っこいものを食べてどうして体臭がきつくなってしまうのでしょうか。

体臭が生まれるのは、アポクリン腺という汗を出すところから出るニオイの原因物質と、皮脂線から分泌される皮脂が混じってそこに雑菌が増えてニオイが発生する仕組み。

脂っこいもの、特に動物性の油脂を食べると皮脂の分泌が増えてニオイの原因になってしまうんです。

でも、肉のたんぱく質や栄養素は体に必要なものでもあるので、食べ過ぎないことが大切なんですね。

同じ油でも植物性油や魚由来の油は体臭を抑えると言われていますので、あとで触れていきたいと思います。

アルコール

お酒は楽しいものだったり、付き合いで飲まなくてはならないものだったりしますよね。

アルコールは飲むときはそうでもありませんが、飲んで肝臓で分解されて酢酸になります。

酢酸は耳慣れない物質ですが、目にしみるような刺激のあるニオイがする物質でとても臭いのです。

酔いが覚めたあと、その臭い酢酸が汗に混じって体の外に放出されてしまうので、あの「酔っ払い臭」が生まれてしまうのです。

さらにお酒のつまみは脂っこいもの、お肉、ニオイのきついものがよく合うので、皮脂まで余分に分泌されてさらに体臭がパワーアップしてしまいます。

でも、お酒は仲間との楽しい時間を与えてくれる素敵なもの、というのも本当。

アルコールを分解しきって次の日にニオイの原因を残さない、肉料理やニオイのきついおつまみは食べ過ぎないなど自己管理しましょう。

一言で言うと「二日酔い対策は体臭対策」と覚えましょう。

二日酔い対策のドリンクや薬で肝臓のはたらきを促して、ニオイのもとを早く分解して体の外に出してしまうのもいいですね。

タバコ

タバコはもともとニオイがあるので、ニオイのきつい食べ物と同じように体臭の直接の原因になります。

さらにタバコに含まれるニコチンは、体にとりこまれ脳にある体温調整中枢を刺激してエクリン腺という汗を出すところのはたらきを活発化させます。

エクリン腺の汗は、ニオイの原因物質を出すアポクリン腺に比べて塩分と水分だけの汗ですが、湿気が増える事で雑菌が増殖。さらに水分が蒸発するときにニオイを拡散してしまいます。

タバコは体臭をパワーアップさせてしまうので、できれば禁煙してみることをオススメします。

体臭を抑えてくれる食べ物と栄養素

ここまで体臭をキツくしてしまう食べ物に触れましたが、本題のニオイを抑えてくれる食べ物や栄養素もどんどん知っていきましょう!

食物繊維

食物繊維は腸内の細菌のバランスを整え、おなかの調子を良くしてくれます。

>ニオイの原因になる物質が体の外に便と一緒に排出されやすくなるんですね。

逆に食物繊維が不足して便秘状態になってしまうと、腸内にあるニオイの原因物質が血管を通じて体に回ってしまい、皮膚からニオイがしてしまうことに。

ゴボウや豆類や野菜全般に多く含まれているので、意識して摂取したいですね。

フコイダン

食物繊維に近いはたらきをするもので、めかぶやモズクにふくまれるヌルヌルのフコイダンがあります。

フコイダンも食物繊維と同じようにニオイの原因を包み込んで体の外に出してくれるんです。

近い成分同士、食物繊維豊富な納豆やオクラを入れて食べると効果が増すと言われています。

乳酸菌

乳酸菌は食物繊維と同じく、腸内の細菌バランスに働きかけてニオイの原因物質を排出するのを助けてくれます。

ヨーグルトに多く含まれているので、毎日食べる習慣を身に付けたいですね。

次で触れますが、オリゴ糖と一緒に食べるとさらに効果的でなんですよ。

オリゴ糖

オリゴ糖は乳酸菌の栄養源になって腸内の細菌バランスを整える助けになってくれる栄養素です。

オリゴ糖に対して、普通の白い砂糖は消化するときにビタミンやミネラルを消費してしまいます。

ビタミンやミネラルが不足して、腸内細菌のバランスが崩れてしまうとニオイのもとが排出されづらくなり、体臭の原因になりがちなんです。

なのでオリゴ糖自体が調味料としてお砂糖コーナーで売られているので、普通のお砂糖と置き換えて使うと効果的ですね。

クエン酸

酢やレモンなどにふくまれる「クエン酸」は、体臭の原因物質のアンモニアと乳酸を排出しやすい体にしてくれる栄養素。

疲れると生まれてくる乳酸がさらに増えると、ツーンときついニオイの物質のアンモニアが発生してきてしまいます。

普通はアンモニアは肝臓で分解され尿になって出て行きますが、疲れて肝臓のはたらきが鈍っていると血管にアンモニアが入ってしまい、汗として出てきて体臭の原因になってしまいます。

アンモニアを上手に排出するためには、お酢を飲むといいといわれています。

今だと、水で割って飲める果実酢や飲むために味付けされた飲みやすいお酢も売られているので、ジュース感覚で取り入れるといいかもしれませんね。

オレイン酸・αーリノレン酸

さきほど脂っこい肉料理は体臭のもと、と触れましたが、油脂そのままが臭うのではなく、実は酸化してそこに雑菌が増えることでニオイが起こるんです。

オレイン酸を含むオリーブオイルや、αーリノレン酸を含むゴマ油やシソ油は酸化しにくく、同じ油でも体臭がきつくなるのを防いでくれるんです。

ドレッシングや炒め物など、料理に上手に取り入れたいですね。

ただ、同じ植物油でもサラダ油や紅花油は、リノール酸という血中の中性脂肪を増やして酸化させてしまう物質がふくまれているので、オリーブオイルやゴマ油やシソ油に切り替えたほうがいいでしょう。

日頃の食生活で取り入れて体臭を抑えていきたいですね。

サプリメントで効率よく体臭対策

市販されている消臭対策サプリメントも気になるところ。どんな栄養素や効果があるのでしょうか?

製品にもよりますが、大きく分けて3つのアプローチで体臭対策をしてくれます。

  • ホルモンバランスを整えて皮脂などニオイの原因物質の分泌を抑える
  • 消臭成分でニオイを抑える
  • 腸内環境を整えてニオイの原因物質を排出しやすくする

女性ホルモンのバランスが崩れると、皮脂腺や汗腺からニオイの原因物質が余分に分泌されて体臭の原因になってしまう場合があります。

プエラリア・ミリフィカという豆科の植物の根っこや、大豆に含まれているイソフラボンという女性ホルモンに似た物質がホルモンバランスを整えて、ニオイの原因を抑えてくれます。

あと、茶カテキンや柿渋(柿タンニン)などの消臭成分でニオイを体内で消す効果も配合されています。

さきほど食物繊維やオリゴ糖のところでも触れましたが、腸内の細菌バランスを整えてニオイの原因を便と一緒に排出しやすくする成分も大切です。

製品によって成分や効能は様々ですが、体臭対策サプリメントのメカニズムはおおむね共通です。

食事で体臭対策しても足りないかな?というひとは、体臭対策サプリメントも摂取してみるといいですね。

体臭に効果のある栄養素はこのようにたくさんあるんですね。

悪い習慣は断ち切って、体臭を抑える栄養を意識した食生活をはじめてみましょう!

 

こちらの記事もよく読まれています

ページのトップへ